初めてご訪問の方へ  相互リンクについて

▼ デュエル・マスターズ ▼
  DMR-07 エピソード2 第3弾 ゴールデン・ドラゴン
  DMR-06 エピソード2 第2弾DSP-BOX
  DMX-11 大決戦オールスター12 DSP-BOX
  DMD-07 変形デッキセット DX鬼ドラゴン
  DMD-08 変形デッキセット DX鬼エンジェル

 デュエルマスターズ エキスパンションリスト  デュエルマスターズ デッキ診断 ⇒ ご要望はこちら
 デュエルマスターズ 初心者のために  デュエルマスターズ 用語  デュエルマスターズ カード考察
 デュエルマスターズ デッキ集  デュエルマスターズ コンボ  デュエルマスターズ Q&A
 デュエルマスターズ コスト別サイキック・クリーチャー一覧  デュエルマスターズ タワーデュエル

▼ 姉妹サイトもよろしく! ▼
  ヴァンガード de コミュニケーション



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


にほんブログ村 ゲームブログ デュエルマスターズへ  ← デュエルマスターズ関連のブログが見たいならクリック!



  • -
  • 2013.01.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ドローの大切さ

 

◆ ドローの大切さ ◆

今回の説明では、用語の説明というより、

ドローが如何に大切かということを、

僕なりに考えたので、文章にしたいと思います。


※あくまで個人的な意見なので、
 怒ったりしないでねo(^o^)o



 ドローとは…

デュエルマスターズで、基本の流れの中に

自分のターンの初めに、

山札から1枚を手札に加えます。


この山札から手札に加えることを

ドローと言います。


ドローには、クリーチャーの能力によるドローや、

呪文の効果によるドロー

あるいはの効果によるドローもあります。


ドローは基本的に、水文明が得意としています。



 ドローがなぜ大切か…

僕がデュエルマスターズを始めた頃は、

火文明の、速攻デッキを使っていました。


その頃は、デッキ速攻ということもあり、

ドローなんて二の次で、

とにかくクリーチャー召喚し、

攻撃攻撃、また攻撃って感じでした。


ドロー呪文なんて、使う暇もないじゃん』

って思っていましたね。


今思うと、めちゃくちゃですが…(笑)


普通デッキを組む際に、いろいろなクリーチャー

呪文の組合せを考え、デッキを作っていきます。

いわゆる“コンボ”ってやつですね。



例えば、強力なコンボを見つけて、

そのコンボデッキに組み込むとします。


実際にデュエルしてみて、そのコンボに使うカード

手札に引ければコンボを使えますが、

手札に引けなければ、もちろんコンボは使えません。


こういう時にドロー呪文などがあれば、

そのコンボ用のカードを引く確率が上がります。


コンボを決めるためにもドローは重要なんですね。



さらに、僕がドローが非常に重要だと思ったのは、

こういう考え方です。



イメージしてくださいね。


相手のデッキには、強力なコンボや強いクリーチャー

目白押し!

バトルゾーン
に出たら、かなりきつい!

でもドローの出来るカードがない。


自分のデッキは、そこそこのクリーチャーで、

コンボも普通の強さ。

ちょこちょこ攻撃していく必要がある。

ドローカードは、10枚くらいある。



● さて、この時、どっちが強いでしょう??



…って質問されても困りますよね。

カードの内容もわからないのにねm(_ _)m



 こういう風に考えてください。


相手は、1ターンに1枚ずつドローして、

ターン目には手札がなくなり、

ターン目からは、ターン初めのドロー

頼るしかない。


自分はドローカードを使いながら、

手札がなくなることなく、デュエルしている。


そして、決着がついた時。


相手の山札は、まだ20枚残っている

自分の山札は、あと2枚しかない



この時の違いは、もちろん、

山札の残りカードの枚数ですが、

これが意味するのはなんでしょう??



 僕はこう思います。


自分は、強いカードはないが、

自分で作ったデッキをフルに利用し、

デュエルした。


相手は、強いコンボカードがありながら、

その可能性を半分しか引き出せずに、

デュエルした。



この際、勝敗は無視にして、

自分の作った、せっかくのデッキ

フルに使えずにデュエルするのは、

非常にもったいないです。


強いコンボカードがあるならば、

その可能性をフルに引き出すためにも、

まずそのためのカードを引くことが

出来なければ、強いコンボも意味がありません。


そのためにもドローは非常に重要。



ドローに関する呪文クリーチャーは、

数多くのカード殿堂入りして、

制限が掛けられています。


それくらいドローが出来るということは、

デッキを使いこなせるかどうかの

基本となっているってことです。



 気をつけることは、

ドローのしすぎで、山札切れになることです。

ドローは重要ですが、過剰ドローも良くないですから。





★ 殿堂入りしているドローカード ★

サイバー・ブレイン

ディープ・オペレーション

ストリーミング・シェイパー

アストラル・リーフ

アクアン

アクア・ハルカス

雷鳴の守護者ミスト・リエス
 →2009/4/15より殿堂入り

炎槍と水剣の裁
 →プレミアム殿堂





次の説明は、ドローと並ぶくらい大切な、

マナブーストの大切さについてです。


⇒⇒⇒ マナブーストの大切さとは…






にほんブログ村 ゲームブログ デュエルマスターズへ  ← デュエルマスターズ関連のブログが見たいならクリック!




スポンサーサイト


にほんブログ村 ゲームブログ デュエルマスターズへ  ← デュエルマスターズ関連のブログが見たいならクリック!



  • -
  • 2013.01.17 Thursday
  • 13:24
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

■ Amazon.com ■

◆ DM初心者のために ◆

categories

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

recommend

にほんブログ村

訪問者数 since 2010/11/25

ブログパーツUL5

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

■ Duel Masters Links ■

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM